教員ママの不妊治療と子育て

教員お休み中。子育て、おうちモンテ、2人目不妊治療中。

【無痛分娩】で出産!リスクや費用について

【スポンサーリンク】

f:id:spanmamiko1121:20190228095319j:plain



みなさん、無痛分娩って知っていますか?

私は出産の際、無痛分娩を選択しました。

 

無痛分娩とは?リスクや費用について、周りにも体験者がおらず当時の私のように情報を求めている人のために体験談を書きたいと思います。

 

 

 無痛分娩とは

無痛分娩って?

最近では少しずつ耳にする機会が増えてきましたね。

無痛分娩とは、麻酔(主に硬膜外麻酔)を用いて痛みを緩和しながら分娩を行うことです。

私は和痛分娩といって、完全に痛みをなくすのではなく痛みを和らげるという方法でした。

 

また、計画無痛分娩(予定日を決めて行う)もありますが、私の出産した病院は自然陣痛を待ってのお産でした。

 

メリット

最大のメリットは、陣痛の痛みが和らぐこと。産後の回復が早いこと。

初産では特に、陣痛・出産時の痛みに未知の恐怖を感じている人も多いのではないでしょうか。

 

デメリット・リスク

麻酔を打つので100%安全とはいえないのが無痛分娩の最大のデメリットです。実際に、恐ろしい事故も起きていますよね。

また、麻酔なので痛みに効き具合に個人差があるということです。

 

ちなみに私は効きが弱く、けっこう痛かったです…

私が無痛分娩を選んだワケ

第一は、痛いのが怖い!嫌だ!それにつきます(笑)

以前、テレビで無痛分娩のことを知りいいな~と思っていて、不妊治療をしているときから無痛分娩のこと、里帰りの為病院を探したりしていました。

 

無痛分娩については、調べると事故のことやデメリットが多く目につきましたが、アメリカ人の友人が

「アメリカでは無痛分娩がほとんどよ!わざわざ痛い思いをするなんて日本人は変わっている」

と言っていることもあり、私の気持ちは無痛分娩に傾いていましたが母や主人はとても

心配していました。

病院探し

里帰り出産を予定していたので、主にネットで口コミを調べたりしていました。

 

家から近い病院を1つ

距離は少しあるけど、いいなと思った病院を1つ

無痛分娩の有名・評判のよい病院を2つ

 

に絞って検討しました。

妊娠が発覚してからこれらの病院に電話すると、2つの小さめの病院は予約でいっぱい!人気の病院で、さらに私の予定日月がたまたま混雑していたようです。

 

色々考えて、第一候補は家からは遠いけど無痛分娩で有名な病院にし、第二希望に普通分娩を行う家から近い病院に決めました。

 

施設・マタニティークラスが充実

第一希望の病院に見学、お試しで診察に行ったのですが電車と徒歩で片道約50分…

正直、遠い!

しかし、病院にいってみると病院スタッフ・医師の対応が素晴らしく施設も充実していてとても好印象でした。

 

また、マタニティークラスがとても充実しておりヨガやマッサージ、エステに鍼もうけれたり(一部有料)と特典もいっぱいでした。

夫婦で参加の説明会

夫婦で必ず参加しなければならない【無痛分娩出産についての説明会】もありました。

なんとか予定を付けてもらい主人と2人で参加。

 

院長が講演するのですが、とても内容の濃い満足のいくものだったんです。

無痛分娩に不安をもっている人が不安を失くせるように、無痛分娩への理解を深められるように院長が熱弁してくれました。

 

無痛分娩の流れ、リスクもしっかりと説明してくれた上で、病院の体制やいざというときの対応についてきっちりと説明してくれました。

 

なんと、この病院では約7割が無痛分娩なのだそうです。

 

体験者の方のお話も聞け、実際の出産時のエピソードなどリアルな声もきけて良かったです。

 

説明会の中でも印象に残っているのが、

 

「出産が辛い必要はない。お母さんたちにはこれから大変な日々が待っているのだから、出産の痛みを和らげ、少しでもお母さんたちの出産が楽になるようお手伝いをるするんです。」

 

という院長の思いです。

私も日本人の、出産の痛みを体験してこそ母になれるみたいな古い考えは疑問に思っていて、院長のこの言葉で無痛分娩にする決心をしました。

 

院長がアツい

この院長がとってもアツくて大好きでした。

決して愛想がとても良いというわけではないし無駄話もしませんが、生まれてくる赤ちゃんのことをとても大事に思ってくれているのが静かに伝わってくるような先生だったのです。

 

出産を終え一息ついたとき、院長が手を差し出してきてくれたので握手をしたら

「おめでとう。良く頑張りましたね。本当におめでとう。」

 

と手をギュッと握って微笑んでくれたんです。

 

泣きました。

 

 

命がけの出産をするんですから、医師のことを信頼できるかというのも大切ですよね。

 

費用について

私の出産した病院では、費用と出産育児一時金との差額の請求になったので約25万円の支払いでした。

 

無痛分娩は普通分娩のプラス9万円でしたが、私は3800g越えのビッグベビーだったので会陰切開、吸引も行いこの値段でした。

 

しかーし!

医療保険に入っていたので会陰切開・吸引をしたおかげで保険が約27万円おりました!!結果、ほぼ出産育児一時金でまかなえたことになったのです。

 

もちろん、病院によって費用は異なるのでしっかり調べて下さいね。

 

無痛分娩を検討しているアナタへ

色々書きましたが、わたしは無痛分娩をみんなにすすめています。

陣痛はかなり楽でしたし、出産して数時間後にはご飯を食べて歩いてトイレに行けるほどでした。(お股は痛かったけど…)

 

まだ予定はありませんが、2人目出産するときも、無痛分娩一択でいくつもりです。

 

ただ、病院選びは慎重に行ってくださいね。

 

無痛分娩での出産レポは、また別の記事で書きたいと思います。

 

 

 

↓ ブログ村 ランキングに参加しています。

よろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村