教員ママの不妊治療と子育て

教員お休み中。子育て、おうちモンテ、2人目不妊治療中。

妊娠中のむくみにはボンボランの着圧ソックスが最強!

【スポンサーリンク】

むくみ 妊娠 辛い

妊娠中になると言われているマイナートラブルはだいたい経験したまみこ(spanmamiko1121)です。

今回は、妊娠中にほとんどの人が苦しむむくみについて書いていきたいと思います。

 

本当にひどいときは想像してる以上にパンパンにむくんで、針を刺したら水がピューっと出てくるんじゃないかと思うくらいでした…

 

予防策なども紹介していきたいと思いますので、妊婦さんは試してみて下さいね。

 

 

妊娠中のむくみと、その原因

原因は血液量の増加と下半身の圧迫

妊娠中は赤ちゃんを成長させるために血液量が増加し、さらに血液中に水分を保つ力が低下します。また、お腹が大きくなるにつれて足の静脈が圧迫されます。つわりや体調不良で運動量が低下する事もあるでしょう。それらが妊婦さん特有の浮腫みの原因につながります。

                        (引用:ママの芽

 

妊娠中の身体の変化が原因なので、しょうがない事ですね。 

特に、妊娠後期お腹が大きくなればなるほど運動量も減り圧迫されてむくみはひどくなります。 

 妊娠後期に突然パンパンに

妊娠するとむくみやすいというのは知識としてありましたが、検診でも毎回ふくらはぎのチェックをされてもむくみナシ。

 

『全然気にならないし大丈夫じゃ~ん』

 

と調子に乗っていたら、8か月頃から急にパンパンに。

私は手が指だけでなく甲もパンパンになり、ビックリ!

ふくらはぎもパンパンになり、足の指や甲までむくみました。

 

妊娠後期に入っての食欲の増加・運動不足・お腹の巨大化が原因でしょうね…  

着圧ソックスを毎日履くのが1番効果的

ボンボランの着圧ソックスって?

タイトルにもしてあるボンボランの着圧ソックス

これが本当にオススメなんです!!

 

私は普段から足がかなりむくみやすくて、お酒を飲んだ晩は痛くて眠れないくらいで…

メディキュットやほかのメーカーの着圧ソックスも履いていましたが、何だか物足りない。

 

そんなとき、このボンボランの着圧ソックスに出会いました。

倖田來未さんがダイエットに良いと愛用していることで一時期話題になったようです。

私もかれこれ7年ほど使用していますが、使用し始めてからむくみで辛かったことはありません!!

 

 

詳細説明はこちらからボンボラン 着圧ハイソックス

 

エコノミー症候群の予防にもなる!と言われており、かなり強い着圧機能で本来は医療用だったんだとか。

 

ポイントは、足先には着圧がないこと。そして、土踏まずにも着圧機能があり、段階的に着圧効果が変化していること。

 

最初はキツすぎて履けるの!?とびっくりしたのですが、履いてみると不思議と程よい締め付けで気持ちいいのです。

足がだる~いときに履くととても気持ちよくて、もんでもらっているような感覚に。

そして、朝にはスッキリ☆もう手放せません。

妊娠中、そして産後も大活躍

妊娠中も毎日履いていました。

妊娠中は身体のいたるところがむくむのですが、着圧ソックスを履いていたふくらはぎだけはかなり通常に近い状態でした。

 

そして!出産直後に過去最大の足のむくみと遭遇!

本当に象の足みたいになったのです。

ameblo.jp

 本当にこれぐらいパンパンになります。恐怖を覚えるほどです。

急いで母にボンボランの着圧ソックスを持ってきてもらいました。

デメリットは…高い!

お値段がメディキュットなどよりはお高くなっています。

1足6000円前後します。安くはないですよね。

 

私は2足常に持っていて、ローテーションして使っています。

2足で約12000円程度ですが、2~3年に1度しか買い替えていません。

とっても丈夫でゴムも伸びずに長持ちするんです。

 

買い替えが2年に1度だとしても、1年間毎日履いて6000円。

決してコスパは悪くないと思います。 

 

1度使うと手放せなくなっちゃいますよ!!

本当にオススメです。

その他の予防方法

塩分を控えた食事を!

      妊娠 むくみ 塩分

塩分は妊婦にとって良くありません。

塩分を多くとると、血液中の塩分濃度が高くなりそれを薄めようとして体内の水分量がどんどん増えてしまいます。

 

余分な水分がたまって身体がむくんでしまうのです。

出来るだけ塩分の少ない食事を心がけましょう。

カリウムをとる

塩分の排出を促進してくれるカリウムを含む食べ物を積極的にとりましょう。

カリウムを多く含む食材は、

 果物類:バナナ、スイカ、メロン、アボカドなど

 野菜類:ほうれん草、かぼちゃ、きゅうりなど

 海藻類:わかめ、ひじき、岩ノリ、昆布など

 その他:アーモンドなどの種実類、きな粉や納豆

 

です。身体に良い食べ物ばかりですね!

意識して食べましょう。

水分をたくさんとる

水分がたまってむくんでるんだから水分を控えないといけないと勘違いしてしまいがちですが、水分はたくさんとりましょう

たくさんとってたくさん排出するのがむくみには効果的です。

足を温めて血行を良くする

むくみやだるさが気になるときは、お風呂につかって身体を温め血行をよくしましょう。

ただし、妊娠中の長風呂は危険が伴うので注意してくださいね。

マッサージやストレッチをする

身体の調子の良いときはマッサージやストレッチを行いましょう。

運動不足は、他のマイナートラブルにもつながります。

 

正しい身体の動かし方で、妊娠中も運動不足にならないようにしましょう。

 

192abc.com

まとめ

妊娠中、避けられないむくみですが日々少しずつ予防を意識するとだいぶマシになりますよ。指輪が抜けなくなるなんてトラブルもありますので気を付けて!!

少しでも妊娠中の身体の辛さが楽になるといいですね。

 

 

 

 

 ↓ クリックで応援してもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

  

 

*合わせてコチラも*

 

www.spanmamiko.com

www.spanmamiko.com

www.spanmamiko.com