教員ママの不妊治療と子育て

教員お休み中。子育て、おうちモンテ、2人目不妊治療中。

モンスターペアレントって本当にいるの?実際にあった保護者のコワイ話。

モンスターペアレント

モンスターペアレントという言葉が聞かれるようになってずいぶん経ちますが、教員をやっていると出会わずにはいられないのが現状です。

 

私まみこ(spanmamiko1121)は音楽専科の期間も長かったので直面した数はそんなに多くありませんが、色々ビックリする保護者の話を紹介したいと思います。

 

私自身が体験した事、同僚の話など混ぜて書きますので

『そんな人いるんだー!?ビックリ!!』と軽~い気持ちでお読みください。ペコリ

 

 

学校で宿題をさせたら…乗り込んでキターーー

小学4年生の女の子。

新学期が始まり少し落ち着いてきた頃、宿題を3日連続やってきませんでした。

 

どうしたの?難しかった?

別に~。忘れただけ。 

じゃあ、学校でやろうという話に。まあ、よくある光景ですよね。

 

すると翌日、その子のお母さんが

『うちは自主性を大切にする教育方針なんです!勝手に宿題やらせるな!』

 

と授業中に教室へ乗り込んできました。えーーーー!?

 

家で宿題をやらないのは娘の意思だ。

なのになぜ学校で無理やりやらせるのか。

 

というのがお母さんの言い分。

ぶっちゃけ何言ってんの?って感じです。

ほんで、授業中ですよお母さん。

 

まあ、自主性や娘の意思を大切にするというのは良いことだと思うけど

別に無理やりじゃないし、その子も普通にやってたし。

 

4月中旬からそっこー乗り込みはたまげました☆ 

登校中に子どもが逃走!『学校の責任ですよね』

1時間目が始まる時間になっても、ある小5の男の子が登校してこない…

おかしいと思い、家へ電話をすると

 

『普段通り、家出ましたけど』

学校には来ていません。心当たりありませんか?

『分かりません。家からは普段通り出て行ったので、あとは学校の責任ですよね。これから仕事なので、探してください。

 

学校の責任!?

仕事だから探してください!?

 

えーーーーーーー!?

 

そもそも厳密にいえば、1度学校に来てからいなくなったのなら学校の責任ですが来てもないので責任と言われても…

というか、心配じゃないのか。学校に丸投げで仕事へ行くお母さんには驚かされました。

 

『この子の母親になってくれませんか』

両親が離婚問題で揉めていた小2の男の子がいました。

離婚問題が発展し、両親の不仲が進むにしたがってその子も情緒不安定に。

 

父親が親権をということで2人で暮らしていたのですが、心配なことがあれば連絡を取り学校でも家庭でもその子の精神面をフォローしていきましょうと協力していました。

            離婚 子ども

 離婚が成立し、これから頑張っていきますとお父さん。

その直後に言った言葉が衝撃でした。

『先生ほど息子を大切に思ってくれている人はいません。この子の母親になってくれませんか。私も先生ならいいです。』

 

えーーーーー!?

何言っちゃってんのこの人ー!コワイー!!

ほんで『先生ならいい』ってなんでちょっと上からやねん。

 

まあ、離婚で精神的にお父さんも疲れていたんでしょう。

テキトーに流しておきました。 

お仕置きは弁当で

宗教上の問題で毎日お弁当持参の男の子。

朝学校で、男の子に会うと

昨日お母さんにめっちゃ怒られた。今日お弁当ナシかも

そっかー。なかったら先生の分けてあげるね。

 と話をしました。

 

お母さんはお昼前に学校にお弁当を持ってきて、男の子は少し照れてましたが嬉しそうでした。

 

『いただきまーす』と給食の時間が始まると、その子の班の子どもたちの様子がおかしい。

みんなフリーズしている。

 

なんと、お弁当箱の中にはおもちゃの食べ物が入っていたのです。

       おままごと

おままごとで使うようなやつです。

結局私の給食をあげることになりました。

 

お母さんに聞くと

『昨日言うこと聞かなかったんで、お仕置きです』と。

 

いや、もうこれ虐待だろと思い管理職へ報告しました。

 

家庭訪問で監禁事件

家庭訪問へ行った時のことです。

高層マンションの上層階のおうちへ。

この部屋いくらくらいするんだろうか…

と呑気に考えながらピンポンを鳴らすと、お父さんが出ました。

 

お宅へお邪魔すると、玄関から近い部屋へ案内されました。

 『少し待っててください』と言ってお父さんは部屋の外へ。

 

ガチャガチャ。ガチャン。ガッチャン。

 

あれ?なんで鍵いくつも閉めてんの?

しかも、ドアガードまでした?

 

やばい、やばすぎる。

とりあえず、学校へ電話して事の次第を報告。

 

懇談開始10分後くらいに電話をかけてもらい

すみません、緊急で学校へ戻らないといけなくなりました!

 

と言って家を出ました。

いや~油断してしまいました。

 

気を付けないといけませんね。 

あなたはどんな保護者ですか?

紹介したのは一例で、もちろんとってもよい保護者の方もたくさんいらっしゃいます。

 

でも、中には本当に理解できないような人もいます。

公立の学校ですからね。

 

色んな生徒・色んな保護者がいるんです。

もちろん、いろんな教師も!

 

自分は大丈夫!と思っていても…

気を付けようと思います。

 

 

 

▼ランキング参加しています。クリックで応援してもらえると励みになります。

 にほんブログ村 子育てブログ 子育てライフへ
にほんブログ村

 にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 体外受精へ
にほんブログ村

 

 

 

 

✱コチラもどうぞ✱ 

www.spanmamiko.com

www.spanmamiko.com

www.spanmamiko.com