教員ママの不妊治療と子育て

教員お休み中。子育て、おうちモンテ、2人目不妊治療中。

楽器のおもちゃで赤ちゃんの五感を育てよう!!【月齢別】音楽教師オススメの楽器

【スポンサーリンク】

赤ちゃん おもちゃ

楽器のおもちゃを見かけるとつい購入してしまうまみこ(spanmamiko1121)です。

 

わたしも主人も音楽好きということから音楽の好きな子に育ってほしいねと話しており、胎教で色々な音楽を聞かせていました。

 

生まれてからも、色んな音楽や音に触れる機会を多くしてあげたい!と思い、楽器のおもちゃをついついたくさん買ってしまいます。

 

その中で0~2歳ごろまでの子どもにオススメの楽器のおもちゃを紹介したいと思います。

 

▼0歳、1歳にオススメの仕掛け絵本

娘がハマったオススメの仕掛け絵本5冊

▼赤ちゃんの乳児湿疹について

乳児湿疹に効果のあったスキンケアを紹介

▼赤ちゃんの歯医者デビュー体験記

赤ちゃんの歯医者はいつから?1歳で歯医者デビューした感想や内容を公開!

 

 

生後3か月頃~手を動かして遊ぶ楽器

自分の手の存在に気が付き、動かせるようになったら手を動かしたり握って音を鳴らす楽器を与えましょう。

 

音を聞いて目で追ったり手を伸ばしたりと、発達にもいい影響を与えます。

 エッグシェーカー

たまご型のかわいい楽器です。

マラカスの柄の部分がないような楽器で、小さな赤ちゃんでも転がして自分で音を鳴らすことができます。

 

まぁるい形が赤ちゃんの手で握りやすいです。

また、柄がないので小さなちゃんの喉を突く心配もありません

 

木製マラカス

 喉を突く心配がなくなったら、柄つきのマスカラがおすすめです。

自分で握って持てるので赤ちゃんも大喜び

 

柄の部分もまぁるい部分も舐めて確かめる赤ちゃんには形が違って楽しいようです。

木の温かみや優しい手触りが赤ちゃんは大好きです。是非、木製を!

タンバリン

シャンシャン音のする可愛い柄のミニタンバリンです。

 

持ってシャカシャカ振って音を出したり、下に置いて面をタンタン叩いたりと、赤ちゃんなりに工夫して遊びます。

 

持ち手がありニギニギしやすいアンパンマンのタンバリンも良いですよ。

 

歯固めとしては作られていませんが、赤ちゃんがカミカミしやすく歯固めのような役割も。

裏にはばいきんまんとドキンちゃんがいて可愛いよ!

 

すず

カラフルな木製のラトルです。

柵の部分を持ったりコロコロ転がしたりして楽しく音を鳴らせます。

 

すずのチリンチリンという音がキレイで赤ちゃんは大好き。

 

転がして遊べるので、ズリ這いやハイハイの促進にもなります! 

 

 

 アンパンマンのベビータンバリンとベビーフレンドベルのセットもいいですね。

 

ベビーフレンドベルも握りやすくカラフルで、プレゼントにもオススメです。

 

生後7か月頃~押したり叩いて遊ぶ楽器

指や身体を自分の思うように動かせるようになってきたら、押したり叩いて遊ぶ楽器を与えましょう。

 

色々な音や曲だけでなく、様々な方法で音がでるということをたくさん学べる時期です。

うたの絵本

娘は生後6か月頃からドハマりしていました。

はじめはボタンを押してあげて色々な童謡を聴かせていましたが、その内自分でボタンを押すように。

 

ボタンを押すのにはある程度力が必要なので、指を使う練習にもなります

 

その内、お気に入りの曲ができボタンの位置も覚え選んで曲を聴くようになってきました。

 

英語バージョンも超オススメです。

英語の童謡は日本の童謡とリズムや曲の雰囲気が違うので、良い刺激になります。

 

うたのえほんは娘が気に入りすぎて計6冊ほどあります。

 

以前ママ友と集まったときに遊び道具として持って行ったのですが、うちの娘があまりにもノリノリで自分でボタンを押したり踊ったりしていたので

『これ、どこの!?』

とめっちゃ聞かれました。

 

後日、7人中5人のママが購入したと報告がありました。

ドラム

 たたくと音が鳴りぴかぴか7色に光ります。

 

ドラム音は3種類ありボタンでモードを操作でき、メロディボタンを押すと『ハイホー』『森のくまさん』『山の音楽家』の3つの曲が流れます。

 

また、横にして転がして遊ぶこともできる優れもの!

 

バチを持って叩くというのは、道具を使えるようになったということです。

木の太鼓で、ポコポコと心地の良い音が鳴ります。

 

この太鼓は叩く場所によって音が変わるので五感を刺激します。

 

更に、子どもが力いっぱいたたいても大丈夫なしっかりとした作りで、音楽の基礎になるリズム遊びはもちろん空間の認知力・腕の筋力・聴覚も養われるおもちゃです。

 

吹いても吸っても音のなる楽器です。

吸うのはできても吹くのって難しいんですよね。吸っても音が出るので、遊びながら吹く練習ができます

 

トランペットのようなボタンもついてるので、指の発達にも良いです。

 

1歳頃から~両手を使う楽器

1歳ごろから、両手を使って遊ぶ楽器を取り入れましょう。

 

はじめは両手で同じ動きしかできませんが、その内左右別々に動かせるようになります。

 

左右の手を別々に動かすことで脳に刺激を与える遊びになります。

木琴

とても有名なボーネルンドのおさかなシロフォンです。

お値段は高めですが、とても正確な音階を奏でます

幼少期から正しい音階を聴いておくことはとても大切です。

 

お魚の形をしていて可愛いデザインに、バチは反対側にも玉がついており喉突き防止になっています。

 

 河合のシロホンクマも音階がとても正確です。

 

木の部分に五線譜どれみふぁそらしどが書かれていて、音階の基礎を身近に感じられます

グロッケン

木琴とはまた違う、金属の澄んだ音がとても美しい鉄琴もおススメです。

 

小さな子どもはチーンと響くきれいな音の方が気に入りやすいかもしれません。

ピアノのおもちゃ

 個人的には、おもちゃのピアノ→本物のピアノで遊ばせるのがおすすめです。

娘には10か月頃におそらでコンサートを買いましたが、はじめは叩くだけ!笑

 

鍵盤を押すと音が鳴るということを分るようになるのは1歳過ぎてからでした。

おもちゃのピアノは叩いたりボタンを押したりして、遊びながら音を出すのを楽しめます。

ボロボロになるよ…

 

子ども用グランドピアノ

 おもちゃのピアノで叩いたりすることに満足したら、本物の音を聞かせてあげるのが良いと思います。

 

家に大きい普通のピアノがある人は、弾かせてあげても良いですね。

 

ちなみにインスタで1歳前後の子にこのピアノを触らせている投稿をよく見かけますが、

その後もピアノを気に入って使っています♡

という投稿はほとんどありません。

インスタ映え、恐るべし…。

 

本当に必要な時期を見極めて与えましょう。

 

 ドラムセット

これは本当にオススメです。

娘の1歳の誕生日にプレゼントしてからずーっとハマっています。

 

はじめは両手でバンバン叩いていましたが、今では交互にタカタカ叩き、そしていっちょ前にタカタカ チーンとドラムを叩いてシンバルで締めます

 

ドラムは動物の皮が張ってあり、湿度によって音が変わってきます。

ウッドブロックやドラムは外して個々でも遊べます。

 

とにかくクオリティが高くて音が美しいんです。

1番のオススメです。

 

おわりに

娘に生まれる前から音楽に触れさせていた甲斐あってか、音楽が大好きな子に育っています。

音楽が大好きで、最近では踊りも大好きに。

 

Eテレで歌が流れると自然とリズムをとり、ダンスを真似ています。

最近始まった『からだダンダン』もすっかり覚えてもう7割ほど踊れるんですよ!!

 

色々な楽器や音、曲に触れ、五感を刺激し感性の豊かな子に育ってくれることを期待しています。

色んな楽器があるので、試してみて下さいね!!

 

 

 

▼我が家ではアマゾンプライム会員で、おかあさんといっしょファミリーコンサートえいごであそぼの動画を見ています。

毎日見ているので、完全に元はとれています!

amazon promeで動画見放題

 

 

 

 

 

 

↓ ランキング参加しています。ポチッと応援してもらえると嬉しいです♡

にほんブログ村 子育てブログ 子育てライフへ
にほんブログ村

 

 

 ✱コチラも一緒に✱

 

www.spanmamiko.com

www.spanmamiko.com

www.spanmamiko.com

www.spanmamiko.com