妊娠・出産

妊娠中・産後の腱鞘炎には手首専用サポーターが1番!接骨院や整体に行った体験談も

妊娠中・産後の腱鞘炎対策にオススメのサポーターを紹介します。

また、実際に整体や接骨院に通った体験談、テーピングやステロイド注射についても書いています。

私は妊娠8か月で腱鞘炎になりサポーターを家事別に使い分けることで悪化を防ぎました。

まみこ
まみこ
腱鞘炎でお困りの方は参考にしてみて下さいね!

腱鞘炎は漫画家さんとかパソコンをよく使う人がなるイメージですが、実は妊婦さんや産後のママがけっこうな確率でなるマイナートラブルです。

私は妊娠8か月後半頃からドケルバン腱鞘炎になり本当に痛くて辛かったんです。
親指の付け根が痛くて、親指を少しでも動かしたら激痛が走りました。

家事どころか普通の生活もままならない状態で、そのまま出産を迎えるのは想像がつかないほどでした。

まみこ
まみこ
出産の時、バーを握っていきむと聞いていたので焦りましたよ

妊娠中・産後・授乳中は痛み止めの薬や湿布もNG。
1番良いのはサポーターで悪化を防ぐことです。

サポーターにも色々種類や特徴があるので紹介します。

この記事に書いてある内容

✅腱鞘炎の種類やチェック方法
✅接骨院と整体に行った詳細
✅テーピングのやり方(動画もあり)の紹介
✅家事場面別のサポーター紹介
✅ステロイド注射について。実際に打った感想や経過

 

 

腱鞘炎にオススメのサポーター【家事場面別】

妊娠中に腱鞘炎になり、あらゆる対策法を実践しましたがなかなか良くなりませんでした。1番良かったのが、常にサポーターを付けて悪化を防ぐこと。

家事や赤ちゃんのお世話などで忙しいママさんへ、家事の場面別でオススメのサポーターを紹介します。

水仕事などの家事には薄手のものを

親指のところにロングボーンが添え木のように入っており支えてくれます。

肌に優しい素材で通気性もよく、水にも強い素材なので水仕事をするときに大活躍です。

薄手で、つけているのを忘れるくらいの付け心地です。

日常使いにはコレ

手首が曲がらないように固定されます

指にひかっけて手首にぐるんと巻くだけなので簡単にまけます。

産前も産後も毎日使っていたので洗い替え用に2つ持っていました。
先ほど紹介したものよりホールド感があります。

ちなみに友達には当時プロボウラーと呼ばれてたよ!

超強力ガード

これは、本当にがっちり親指から手首までアルミ棒が入っていて頑丈な作りになっています。アルミは自分の手の形に曲げることができます。

本当に痛くてたまらないときや、どうしても手を使わないといけないけど手首を曲げたくない…という時に効果的です。

腱鞘炎って妊娠中や産後にもなるの?

手足を動かす腱が炎症を起こすことによって痛みが生じるのを腱鞘炎と言います。

特に、妊娠中・出産後は女性ホルモンのエストロゲンの分泌、産後の赤ちゃんのお世話で手首を酷使することから腱鞘炎になりやすと言われています。

ばね指

その名の通り、指がばねのようにカクンカクンするようになる腱鞘炎です。

なにそれ、コワイ…

指を曲げる腱があり、その腱を支える腱鞘と呼ばれる部分に炎症が起きてしまうことが原因です。

指が曲げづらい、痛みを感じるなどの症状です。

炎症があるので、熱をもって腫れることもあります。

私は妊娠後期、寝起きに違和感を感じました。

指が重い…曲げづらい…。

幸いニギニギとストレッチのようにゆっくり曲げ伸ばしをしていると、次第にマシになってきましたが、出産まで続きました。

ドケルバン腱鞘炎

腱鞘炎

画像にあるように、手首の腱が炎症を起こすのがドケルバン腱鞘炎です。

このトンネル部分が炎症を起こし腱を圧迫し、曲げにくい・痛みがでるなどの症状が起きます。

これが激痛なんです。本当にヤバイんですよ。

 確かめる方法としては、アイヒホッフテストというものがあります。

①親指を他の指で包むように軽く握る。

②親指側を上にした状態から、ゆっくりと手を下の方に向け下げる。

腱鞘炎 ドケルバン

その時、赤い丸の部分に強い痛みがあればドケルバン病が疑われます。

私は、赤い丸の部分が炎症を起こし腫れて骨が浮き上がっていました。

対処法は、使わないこと

使わなければ炎症がおさまり、痛みもなくなります。

でも、ぶっちゃけ使わないとか無理ですよね。

使わないでいける人は、そもそも腱鞘炎にならないよね。

ドケルバン腱鞘炎に効く接骨院・整体に行ってみた

接骨院は価格がお手頃

手の腱が炎症を起こしているということで、肩のあたりから揉みほぐしたりマッサージをしてもらいました。そして、腱を支えるようにテーピングをしてもらいます。

ちなみに私が行ったのは、保険のきく接骨院・そして保険適用外のスポーツ整体?のようなところです。

接骨院は保険がきくので毎回1000円以内くらいで10回くらい通いました。

妊娠中で身体にガタがきていてマッサージは気持ちよかったし通っていましたが、腱鞘炎がマシになったという気はしませんでした。

整体は値段が高い

整体はというと…2回だけ行って通うのを辞めました。

だって、高いんだもん!!

 初回は4500円、2回目以降は6000円だったかな?

HPでは『ドケルバン腱鞘炎が、1回で少し改善!』

と腱鞘炎が良くなるよ!とうたっていたので行ってみましたが、感想はうーん…という感じでした。

何回か通わなきゃ効果はでない、というのは分かっていますがそれでもこの高い値段出して通うにはあまり納得のいかない施術だったのでやめてしまいました。

痛いだけでなく、お金もかかる!たまりませんね…。

マッサージやテーピングの方法を学べた

これが接骨院や整体に通って1番良かったことかなと思います。

日々のマッサージの仕方やテーピングをすることで悪化を防げるのですが、実際に通って教わると分かりやすくて良かったです。

テーピングもやり方を聞けばていねいに教えてくれましたし、何回か通っていると色んなテーピングの仕方をしてくれるので、自分に合ったものも見つけられます。

オススメのテーピング・やり方動画

わたしもいくつか試しましたが、伸縮性・通気性のあるこちらがおすすめです。

セルフテーピングなので、慣れるまでは上手くまけません。

たくさん失敗することを前提に量が多くてコスパの良いものがいいですよ!!

次はやり方です!!

動画で見ると分かりやすいので紹介します。

簡単なテーピング方法はコチラ


【ピップテーピング】貼り方動画 指:【基本】つけ根の違和感

しっかりめのテーピング方法はこれがいいよ!


親指を動かすだけで痛い時のキネシオテーピングの貼り方

劇的な改善は難しい

正直、整体や接骨院、テーピングで痛みが劇的に良くなるのは難しいかなと思います。

少しマシになる、悪化を防ぐものとして考えるのがよさそうです。

今困っている人、マジで!?という感じですよね…スミマセン。

ドケルバン腱鞘炎の最終手段はステロイド注射・そして手術

ステロイド注射

痛くてどうしようもなくなったらステロイド注射を腱に直接打って炎症を抑える方法があります。

私は産後、あまりにも痛くてこのままでは沐浴とかで娘を落としてしまうかもしれない…と思い注射を打ちました。

ステロイド注射なので、妊娠中や授乳中は打ってはいけないという情報も多く出ていますが、私が調べたり何人かのお医者さんに聞いたところ大丈夫と言われたので打ちました。

整形外科の先生2人・通っていた産科の先生・親戚の内科・外科の先生に聞いてみたよ。

腱に直接打つ注射なので、血液中に入ったり母乳に出たりはしないそうです。

打つと、ビックリするくらい痛みが引きました。

でも、無理をすると再発すると言われていたのでサポーターは毎日つけて過ごしました。

今は産後1年以上たっていますが、注射を1度打ったっきり再発はしていません

時々手首に違和感を感じることがありますが、その時はすかさずサポーターをして無理をしないようにしています。

手の外科を探して!

注射を打つなら、手の外科という専門医のいる病院を探しましょう。

日本手外科学会

一覧から探せます。

整形外科はたくさんあるので、その中でも手の専門医に診てもらうのがおススメです。

最後の最後は手術

最終手段は手術です。腫れている腱の部分を切り取ってしまう手術で、一度手術をすると再発はありません。

15分ほどで終わる手術ですが、手首を切るとかこわいですよね…

しかも、手術をすると2週間~1か月ほど水仕事はできないなどリスクも大きいです。

腱鞘炎が辛いママへ

妊娠中・産後と身体も辛いし子育てが大変な時期になる腱鞘炎は本当に涙が出るほど辛いですよね。

悪化して赤ちゃんを抱っこすることができなくなったり、手術して長期間家事や育児に支障が出る前に周りに頼って悪化を防ぎましょう。

決して悪い事ではありません。

これから育児は長い戦いになります。無理は禁物ですよ。

私も、2人目が出来たら今度は腱鞘炎にならないように気を付けよう!と心に決めています。みなさん、頑張りすぎないようにしましょうね!!

▼ランキング参加しています。

にほんブログ村 子育てブログ 子育てライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 体外受精へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

✱コチラもどうぞ✱ 

www.spanmamiko.com

www.spanmamiko.com

www.spanmamiko.com

www.spanmamiko.com

www.spanmamiko.com