お役立ち

義親(姑)との同居6年目に突入!実情を教えます。

f:id:spanmamiko1121:20190315203947j:plain

結婚当初から義親と同居して早5年のまみこ(spanmamiko1121)です。

 

わたしは結婚して都会から田舎へ移り住んだのですが、主人の実家へ住むという形での移住でした。

都会では『ありえない!』田舎では『当たり前』の義親との同居ですが、実際5年以上生活してみての感想・メリットやデメリットを書いていきたいと思います。

 

同居を考えている人、将来的には同居することになっている人の参考になれば嬉しいです。

 

同居に至った経緯

主人と私が関西で大学生をしているとき、義父が癌で亡くなってしまいました。

主人は卒業後も田舎へ帰るつもりはなかったのですが、長男ですし義母が心配で実家へ戻りました。

田舎なのでけっこう大きな家ですし、結婚するとき一緒に住めばいいということになったのです。

 

当時の私は 

わたし0型だし大丈夫っしょ~』

『お義母さんすごくいい人だし』

『お義母さんは主人の大事な人だし、頑張ろう』

 

と不安は2割くらいしかありませんでした。

同居してみて

1~2年目は意外と上手くいく

はじめはお互い超!気を使います。

気を使うのは大変ですが、お互いを思ってのことですのでそんなに嫌な思いはしません。

 

それにはじめの方はこちらのお客さん感が抜けず『こんなにしてもらって申し訳ないなぁ…』というくらいです。

自分のことより相手のことを思って生活します。

また、新婚ですので主人とのケンカも少なくストレスもあまりありません。

3年目辺りから、欲が出る

問題はここからです。

ある程度慣れ、自分の思うようにしたくなってくるのです。

特に、自分がこだわりを持っていること

 

私は料理なんですが、義母も教員で仕事がとても忙しかったので私が料理担当でした。

でも、キッチンは共有で義母が何十年も使用していたし器具もたくさんあります。

自分の使いたいものを買えない!かなーりストレスがたまります。

        

そして、義母の方にもこだわりはありますからそれが分かるようになります。

義母の場合は掃除と洗濯。毎朝早起きして掃除をしているのでキッチンが使えません。

朝ごはんを作れないので朝はパン食に。

 

洗濯物は夜干して室内干しなのですが、毎日山ほど洗濯します。 

夏場は乾かないので、毎朝生乾きの臭いが充満したリビングで朝食をとるのです。

主人は慣れたみたいですが、わたしは毎年イライラしてしまうんです。

子どもができるとガラッと変わる

変わるというか、我慢ができなくなってしまうんです!!

子どもに関わることになると、妥協ができないんですよね。

自分のしたいようにできないことがこんなにストレスになるとは思いませんでした。

 

例えば…テレビをあまり見せたくないとか添加物の入ったものは食べさせたくないとか。

義母もよかれと思ってやってくれてるのですが、価値観の違いなのでどうしようもありません。

 

『ヤメテ』と言いたいけど、ぶっちゃけ言いにくい!

 

同居のメリット

金銭的な援助をしてもらえる

もちろん義親の年齢や経済状況にもよりますが、助けてもらえることが多いのではないでしょうか。

我が家の場合は家賃は入れてませんし、光熱費を毎月2万円。

しかし、この2万円は私たちのために貯めてくれていることを私はコッソリ聞いています。

 

娘にも色々買ってくれますし、良くしてくれます。

主人は薄給なので家賃がいらないというのは本当に助かっています。

家事を分担できる

女手が2人なので分担しています。(男はやらない!怒)

基本的には料理と洗濯畳みは私、洗濯と掃除(共有スペース)は義母になっています。

もちろんスムーズにいかないので、助け合いですが。

 

家事をすごく手伝ってくれる夫がいれば別ですが、家事をする人間が2人いるということはとても心強いです。

本当に困ったときは助けてもらえる

       f:id:spanmamiko1121:20190315213054j:plain

体調不良や子育てで大変な時は、助けてくれる人がいるという安心感は大きいです。

主人の仕事が忙しくてどうにもならない時、特に娘が生後半年くらいまではとても助かりました。

 

将来的に働くつもりなので、働きだしたらもっと助けてもらうことが増えると思います。

同居のデメリット

価値観の違いはどうしようもない

こればかりは仕方がありません。

別の家庭で育った人間ですので、習慣も常識も違います

私が嫁いでこれはウチと違うし妥協したくないと思うのは

 

食事の優先順位が低い。ご飯は後回しなところ。

飲み物は基本ジュース。冷蔵庫にはジュースがいっぱい。

部屋の掃除・洗濯物の乾燥 >人間の快適さ

お金の事なんかで悩むのは馬鹿らしいという考え

 

子どもにはさせたくないと私は思っていることです。

結局は【義親の家】なので気を使う

自分たちで建てた家ではないので、自由にはできません。

大きな家具などは昔からのもの、捨てるにも許可がいりますし言いにくい…

 

義母は高いものを買って長く使うタイプなんですが、私は真逆。

安いものを買って、その時一番便利な物に買い替えていくのが好きなんです。

 

子どものために柵を付けるのも、サークルを買うのもいちいち相談しなければいけないのが正直面倒です。

子どもの事での不満は溝を深める

どうしても譲れないし嫌なものは嫌なんです。

教育観も違いますし、考えてやっていることに口出しをされるとかなーりイラッとしてしまうんです。

 

娘・孫を大事に思っているのは同じなんですがね。

自分だと我慢できることも、子どもの事だと我慢できないので負の感情が生まれてしまいます。

同居するなら絶対2世帯住宅

         f:id:spanmamiko1121:20190315220355j:plain

キッチンは別にすること

あまり料理をしないとかこだわりがないとかでも、絶対別の方がいいです!

子どもができると余計です。

 

食べるものもそうだし、育児で大変なときって洗い物って後回しにしたいですよね?

でも、キッチンが共有だと姑がいつ使うか分からないので洗い物をためておけません…。

子どもを泣かしておいてでも、洗い物はしなければならないのでけっこう辛いです。

譲れないポイントを決めておく

別の家庭で育った人間同士なので、妥協は必要です。

 

相手に合わせられるところは合わせたらいいと思いますが、子どものことなどこれは譲れない!というのは心に決めておきましょう。

そして、その事についてはハッキリNOと伝えるのです。

主人には期待しない

うちは主人と姑がそんなに仲良くないので、主人は完全に私の味方だと思っていました。

しかし、いざ姑の不満を口にすると…

 

『わざとじゃないんだから』

『それくらい許してやって』

 

えっ!?!?予想外の反応!!

始めはすごーーーーくムカつきましたが、そりゃ実の母親ですもん。

そうなりますよね。

 

私だって、主人が私の母親の不満を言ったら母をかばうと思います。

 

なので、主人を味方につけるなんてことは考えずに中立・パイプ役になってもらうのが大事かと思います。

直接言いにくい事などを、主人から言ってもらうようにしています。

 

これは本当に大切だと思います。

まとめ

そうは言っても私はおおざっぱO型です。

こだわりの多い人・神経質な人は同居には向いていないと思います。

 

それでも、嫌でもしなきゃいけないことってありますよね。

その時は

妥協できるところ・できないところをしっかりと決めるといいと思います。

 

元は完全な他人ですので全て思うようにいかないのは当たり前ですよね。

実際、助かることも多いので良いところもたくさん感謝しながら同居するのがオススメです。

 

 

 ↓ ランキング参加しています。クリックで応援おねがいします。 

にほんブログ村 子育てブログ 子育てライフへ
にほんブログ村

 

 

 

*良ければコチラも*

 

www.spanmamiko.com

www.spanmamiko.com

www.spanmamiko.com