妊娠・出産

【無痛分娩】は怖くない!初産での体験談とリスクや費用について

無痛分娩 体験

無痛分娩という言葉がずいぶん浸透してきましたが、日本で利用する人はまだ1割以下なのが現実です。

アメリカやフランスでは6割以上の妊婦が利用するのに、日本では利用者が増えないのでしょうか。

無痛分娩の利用者が増えない原因は大きく4つあります。

✅医療事故が怖い
✅利用者が少ないので体験談が少なく不安
✅費用が割高である
✅痛い思いをして産んだ方が愛情が沸くという日本の古い考え方

数年前には無痛分娩を受けた妊婦が産後亡くなってしまったというニュースが立て続けに2件報道され、不安に思う人も増えましたね。

また、体験談が少ないのも原因の1つです。
出産は命がけで行うことなので、そう簡単には決断できないですよね。

初産で無痛分娩を選択し無事出産を終え約2年経った私ですが、無痛分娩で出産したことに全く後悔はありません!
2人目も絶対無痛分娩にしようと思っています。

無痛分娩にしたいけど不安があるという人の為に、体験談を元に無痛分娩についてメリットとデメリット、病院の選び方や費用、リスクなど詳しく紹介します。

うさぎ先生
うさぎ先生
無痛分娩に興味がある人は必見です!

無痛分娩とは、ママの身体に優しい出産方法です

無痛分娩って?痛みがゼロではありません

無痛分娩とは、麻酔(主に硬膜外麻酔)を用いて痛みを緩和しながら分娩を行うことです。

無痛分娩という名前ですが、基本的には痛みがゼロにするわけではありません。
痛みがゼロになると、陣痛が分からずいきむことが出来ません。

うさぎ先生
うさぎ先生
痛みを少し残しておくので無痛というより和痛(痛みを和らげる)ですね。

また、計画無痛分娩(予定日を決めて行う)の病院もありますし、私の出産した病院は自然陣痛を待ってのお産でした。

私が無痛分娩を選んだワケ

第一は、痛いのが怖い!嫌だ!それにつきます(笑)

テレビで無痛分娩のことを知りいいな~と思っていて、不妊治療をしているときから無痛分娩のこと、里帰りの為の病院を探したりしていました。

無痛分娩については調べると事故のことやデメリットが多く目につきましたが、アメリカ人の友人にビシッと言われました。

金髪美女
金髪美女
アメリカでは無痛分娩がほとんどよ!わざわざ痛い思いをするなんて日本人は変わっている

『出産の痛みに耐えてこそ母親になれる』
『お腹を痛めて産んだ方が愛情が大きい』

なんて言って、謎の痛みの美学を押し付けてくる人もいますが断言します。

そんなの全く関係ありません!!

無痛分娩、ついでに不妊治療で生まれた娘ですが世界一可愛いし愛おしいです。

無痛分娩を利用するメリットとデメリット

実際に無痛分娩で出産した私ですが、無痛分娩を利用するに当たって不安がなかったわけではありません。

家族の理解もなかなか得られませんでした。
それでも、無痛分娩を選択し後悔はありません。

実際に無痛分娩で出産した経験を含めて、メリットとデメリットを紹介します。

無痛分娩を利用するメリット

①出産の不安がやわらぐ
②出産時の痛みを減らせる
②陣痛での体力の消耗を抑えられる
③産後の回復が早い
④ゆとりを持って出産を行える

もちろん、最大のメリットは出産の痛みを減らせることです。

『女性は痛みに強い』なんて言いますが、命がけで行うことです。
日々大きくなるお腹、経験者から聞く出産体験談、妊娠中は体調もコロコロ変わるし出産は不安でいっぱいです。

涙うさぎ
涙うさぎ
私は痛みに弱いので、出産の痛みがすごく怖かったです。

また、産後の回復が早いのも大きなメリットです。

出産後の身体は、交通事故で車にひかれたのと同じくらいのダメージをおっていると言われています。

ビックリス
ビックリス
産後は寝たきりになるって、相当なダメージですよ…

無痛分娩で痛みをやわらげると、陣痛時や出産時に痛みに耐えている分の体力が温存されます。その分、産後の回復も早いです。

私は産後4時間後には軽食を食べ自分で歩いてトイレに行くことが出来ました。

私は麻酔の効きがあまりよくなかったので出産時思ったより余裕はありませんでしたが、友人は子どもがお腹から降りてきてぬるりと出てくるのを感じることが出来たと言っていました。

友人
友人
10か月お腹にいた子が出てくる瞬間を感じられて、感動!!

無痛分娩を利用するデメリット

①費用が割高になる
②麻酔の効きが悪い人もいる
③田舎では実績の多い病院が少ない
④100%安全とはいえない

私の通っていた病院は、無痛分娩の場合はプラス9万円でした。
妊娠・出産・産後とお金のかかることが多いので辛い出費ですが、個人的には9万円以上の価値がありましたよ!!

麻酔の効きに個人差があるのもデメリットです。
私は、かなり麻酔の効きが悪かったようで陣痛も出産時もかなーり痛かったです。

ビックリス
ビックリス
普通に絶叫するくらい痛かったです☆

でも!無痛分娩をしていない友人から話を聞くと、麻酔はやはり効いていて特に陣痛のピーク時の痛みがかなりマシでした。

うさぎ先生
うさぎ先生
子宮口9割開いている時に、うたた寝したと言ったらみんな驚いていました!

そして、最大のデメリットは硬膜外麻酔を使用するので100%安全とは言えないことです。

実際に国内では、無痛分娩での麻酔が原因と考えられる医療事故が起きています。

しかし、出産は命がけです。
普通分娩でも100%安全とは言えないし、事故も起きていますよね。

個人的には、無痛分娩だから安全じゃないということはないと思います。

 

▼もっと詳しく知りたい人はコチラ。産婦人科医が詳しく解説しています。
無痛分娩と和痛分娩の違いはなに?産婦人科医が語るメリットやリスクとは

 

無痛分娩は病院探しが重要

上記のようにデメリットもあるのが無痛分娩ですが、しっかりと下調べをし信頼できる病院を選ぶことによって不安を減らすことが出来ます。

私が病院選びを行う際に気を付けたポイント、方法を紹介します。

病院のココをチェックしよう!

①無痛分娩の施術実績

どれくらいの人がその病院で無痛分娩を行ったのか、実績は重要です。
もちろん、数が全てではありませんが判断する材料には有効です。

総合病院や大学病院では他の病気などの関係で無痛分娩での出産を余儀なくされるケースも含まれますので一概には言えませんが、産婦人科の専門病院ではどれくらい無痛分娩に力を入れているかの目安になります。

②麻酔はだれが打つのか

麻酔というのはとても高度な技術がいるものなので、麻酔科医が施術するのが1番良いです。無痛分娩の硬膜外麻酔は技術が必要とされているので麻酔科医がいる病院はかなり安心できます。

ビックリス
ビックリス
しかし、麻酔科医はとても人数が少ない…

個人や産婦人科の専門病院には麻酔科医のいる病院は少ないです。
その際は、どの先生が麻酔を打つのか、どれくらい経験があるのか調べてみましょう。

ちなみに私の出産した病院は麻酔科医はいませんでしたが、必ず医院長が麻酔を打つ病院でした。

年間約1000件の分娩のうち、7割は無痛分娩を行っている病院だったので信頼できるなと思いました。

③夜間の対応はどうなっているか

夜間に陣痛が起きた時は、無痛分娩を行ってもらえない病院もあります。
無痛分娩のつもりでいて、普通分娩になるとかなりショックですよね…

計画無痛分娩か、24時間対応の病院がオススメです。

うさぎ先生
うさぎ先生
超スピード出産の場合も麻酔を打てないよ!

④説明会が行われているか

出来れば、きちんと説明会なり詳しく無痛分娩について話を聞く機会のある病院が良いです。
夫にも話を聞いてもらい納得してもらいましょう。

また、メリットだけでなくデメリットについての説明、その際の対応など詳しく話してくれると安心できますよね。
医師の話を聞くことで、病院の雰囲気なども感じられると思います。

命を預ける病院です。
色んな角度から見て、安心できる病院を選びましょう。

うさぎ先生
うさぎ先生
ちなみに私は4つの病院を候補に挙げ、説明会などに参加して決定しました。

私の出産した病院の説明会では2時間みっちりと無痛分娩について医院長が説明し、実際に出産したママさん3名が体験談を話してくれました。

特に医院長のこの言葉が印象的でした。

医院長
医院長
出産が辛い必要はない。お母さんたちにはこれから大変な日々が待っているのだから、出産の痛みを和らげ少しでもお母さんたちの出産が楽になるようお手伝いをるするんです。

この医院長に任せたい!と最終的に病院を決めました。

2人目ができたら、また医院長に取り上げてもらいたいです。

1つではなく、いくつか検討しよう

病院は1つでなく、いくつか検討しましょう。
他病院と比較してみて初めて気づくこともありますし、思っていたのと違う…なんてことも。

私が候補に挙げていたある病院では、ホームページでは無痛分娩をすすめているのにいざ相談に行くと『普通分娩やソフロロジーの方が良い』と無痛分娩をやんわり断られました。

また、人気のある病院は妊娠が分かってすぐ予約してももう満室だったりもするので候補はいくつかある方が安心です。

立地や費用など、自分に合ったものを考えよう

出産予定の病院には、検診などで何回も通うことになります。
無痛分娩を第一に考えるとしても、他にも大切なことはあります。

家からどれくらいの距離にあるのか
交通手段はどうなるのか
陣痛が起きた際に行く方法があるのか
費用はどれくらいかかるのか

など各家庭で状況は変わってくるので正解はありませんがよく検討しましょう。

私は家から電車で40分の病院に通いましたが、案外なんとかなりました。
検診や緊急で診察を受ける時は大変でしたが、良い運動にもなりましたよ。

臨月に便秘で苦しんだ時は病院が遠い事を一瞬後悔しましたが、自分の納得のいく病院が良かったので多少遠くて頑張れました。

 

無痛分娩で産後にゆとりを!

友人に、無痛分娩で出産したと伝えるとみんなとても興味をもって話を聞いてきます。

本当はみんな、少しでも楽に出産したい。
産後の身体の負担を軽くしたい。

と思っているんですよね。
当たり前ですよ。好んで痛い思いをしたい人なんていません。

でも、まだまだ無痛分娩が広まっておらず選択できないでいるんです。

そんな人たちに、この記事が少しでも役に立てばうれしいです。
産後2年経っていますが、出産してからは育児に追われる日々です。

涙うさぎ
涙うさぎ
特に産後半年は身体も戻り切っていないし、睡眠もとれず瀕死の状態の日々…

少しでも産後にゆとりを持てるように
産後の身体の回復が早まるように

無痛分娩、オススメですよ!

 

 

 

▼ランキング参加しています。

にほんブログ村 子育てブログ 子育てライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 体外受精へ
にほんブログ村


人気ブログランキング