不妊治療

【不妊治療】自己注射は痛いし怖い?打ち方のコツを伝授します

不妊治療の自己注射って痛くて怖いですよね。
採血や点滴も痛いし注射自体が怖いという人も多いと思います。

涙うさぎ
涙うさぎ
それなのに自分で注射を打つなんて…

自己注射は上手く打てないと青くアザになったり打った後ヒリヒリしたりしばらく痛んだりととても辛いです。

実は、自己注射の打ち方にもコツがあるんです!!

不妊治療歴約4年の私が何回も自己注射を打った経験から
少しでも痛みの少ない自己注射の方法を記していきたいと思います。

不妊治療中で自己注射をしている人、これからする予定のある人は是非読んで役立てて下さいね。

【この記事に書かれている内容】
✅不妊治療の自己注射とは?針の大きさ比較
✅自己注射を打つ場所はお腹がオススメ
✅痛みを和らげる最大のポイントは、針の向き

不妊治療の自己注射ってどんなもの?

不妊治療の治療周期で、卵胞を大きくしたり排卵を促すためにホルモン注射を頻繁に打つ必要があります。

治療が進むと毎日打つ必要があるのですが、病院へ頻繁に通うのが大変な人は自宅で注射が打てるようになっています。

ちなみに私が今打っているのがこの2つです。

不妊治療 自己注射

下のゴナールエフというのが、卵胞を育てるホルモン注射です。
これはタイミング法などでも使われる注射です。

上のガニレストというのが、排卵を抑制する注射です。
体外受精では、排卵すると移植が行えないので、排卵しないようにする注射です。

ちなみに…
ゴナールエフは1回分が約2500円
ガニレストは1日分約8000円

ととても高いんです。

ビックリス
ビックリス
ヤバイです。毎回打つとき手が震えます

自己注射を打つ場所はお腹がオススメ

注射を打つ場所はお腹か太ももなのですが、個人的にはお腹がおススメです。

ただ、お腹に全然脂肪のないとても痩せている人は太ももの方が打ちやすいです。

注射を打つとき、打つ場所をつまむのですがお腹がつまみやすいんです。
でもつまむ脂肪がないほど痩せている人は太ももをつまむ方が良いですよ。

自己注射の痛みの少ない打ち方のコツ

自己注射 痛い

この自己注射、怖い人にはほんとに辛いんです。
ゴナールの針は細めですが、ガニレストとか太くてビビります…

コツをつかめば痛みは軽減されるので、是非試してみて下さいね。

①腹の肉を強めにつまむ

打つ場所をつまむときに
少し強めにつまみましょう

人間というのは1度にいくつもの痛みを感じられないので、お腹をつまんでいる痛みで注射の針の刺さる痛みをごまかせます。

うさぎ先生
うさぎ先生
強くつまみすぎると痛いよ!

②針を垂直に刺す

注射器の針を
お腹に対して垂直に刺しましょう。

自己注射

画像のように打つと上手くいきます。
針が抵抗なく皮膚に刺さるので、痛みが軽減されます。

③針の向きが超重要

これが1番重要です。

私は親戚で医者をしている人に直接教えてもらいました。

自己注射

注射の針の先というのはよーく見ると、こんな感じになっています。
先が斜めにカットされていて、真ん中に液剤の通る穴があいています。

痛くない刺し方のコツというのは
この針の先の向きにあります。

自己注射 不妊治療

画像のように、針の先の穴の空いている方を上に向けて刺しましょう。

そうすると、スーっと針が刺さり痛みがマシになります。
さすがに、痛みゼロにはならないですけどね。

試しに、向きを変えて打ってみたら、めっちゃヒリヒリしました…

うさぎ先生
うさぎ先生
是非、試してみて下さい

不妊治療の自己注射は怖いけど、その内慣れます!

自己注射が怖くて苦手な方、たくさんいると思います。
そんな方は是非、この方法を試してくださいね。

そして、安心してください。
何回も打っていると慣れてきます!!

ビックリス
ビックリス
慣れるほど打つ必要がない方がいいんだけどね!!

 あとは、針を刺す勇気が出ない人は、

『えいっ!!』とか
『せーのっ!!』とか

掛け声で気合い入れると案外勢いで刺せますよ☆

 

 

 

▼ランキング参加しています。クリックで応援してもらえると励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ 子育てライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 体外受精へ
にほんブログ村


人気ブログランキング